• トップページ
  • オンラインショップ
  • PR動画
  • プロジェクトについて
  • スタッフ紹介
  • 協力企業
  • お問い合わせ
【お問い合せ】
東京多摩国際プロジェクト
E-mail:info@tokyo-tama.jp
Tel. 042-558-8505
Fax.03-6205-8928

東京事業所
東京都千代田区有楽町1-6-8
松井ビル1階 ビビ21ドットコム

多摩営業所
東京都あきる野市小川633

多摩事業部
東京都青梅市御岳中央321
森の演出家
東京都資源利用イノベーション事業
いいね!JAPAN
Facebookページ
銀座かずや 東京・多摩国際プロジェクト フライヤーダウンロード
東京・多摩国際プロジェクト 公式通信販売サイト
東京多摩国際プロジェクト ビデオクリップ 2015
東京多摩国際プロジェクト ビデオクリップ 2013
2014 ver. 東京多摩国際プロジェクト イメージソング Step by Step song by MIOSIC

自然 東京マウンテン 森の演出家 土屋一昭

トップページ » 自然 東京マウンテン 森の演出家 土屋一昭

1人の人が、1本の木を守れば、それは世界へ繋がる

■ 東京マウンテン 一社)森の演出家協会 代表 土屋一昭

幼少期より豊かな自然に囲まれ育ち、「ヤマメを素手で採る野生児」として数多くのメディアに取上げられ話題になった。社会に出てからは都内のそば店 に勤務しながら、愛する奥多摩や青梅で釣りガイドなど行っていたが、自然と人との距離、現代の食との係わり合いに疑問を抱き、自然の魅力を訴える業へ転進した。

2011年、東京都青梅市の御岳にある築150年の古民家を拠点に「森の演出家」の第一人者としての事業を開始。古き良き日本文化と自然体験を行う サービスを提供してきた。自然と共に生きる彼の姿は話題となり、現在はTVや雑誌などのメディア出演や大使館・自治体からの依頼で全国各地を飛び回っている。

特に「森育」「食育」に注目をしており、「食べること」は、誰もが日々、接する自然との接点。豊かな森にある、1つ1つの命がわたしたちを生かしてくれているのです。 その恩恵に、もっと深く、もっと感謝できることが、みんなの豊かな時間を作り出すと考えている。

森の演出家・土屋一昭と、一坪の煉り菓子店「銀座かずや」の古関一哉がタッグを組みました。東京が誇る大自然・多摩地区「御岳・奥多摩」が育む産物を使い、「人間と自然との共存」 「農業の促進」「地域社会の活性化」「日本文化の伝承」を推し進めます。
 2009年多摩地区では、青梅市内のウメで、わが国で初めてプラムポックスウイルス(PPV)による病気が発見され、その後の調査により、他に八王子市、あきる野市、日の出町、奥多摩町、福生市、羽村市でも感染したウメの樹などが確認されました。
 被害拡大を防ぐため、青梅市の象徴であったウメも全て伐採されました。多摩地区の大切な資源であった、ウメ、ユスラウメ、モモ、スモモ、アンズなどが消えてしまいました。
 そこで、立ち上がったのが森の演出家・土屋一昭。自然からの恩恵に感謝し、「自然」と「食」を繋げよう。 多摩地区では、毎年、香り豊かな「ゆず」がたくさん収穫されます。特に青梅市御岳では、天下一の香りを誇る「澤井ゆず」(通称「香りゆず」)がたくさん収穫されます。
 土屋一昭の「野生児」の感性と、銀座かずや 古関一哉の「食」への感性がここで融合。多摩地区の大自然の産物「ゆず」を使ったものづくりが始まりました。そして完成したのが「東京多摩ゆずわらび」「東京多摩ゆず最中」です。

土屋一昭を中心に、多摩地区の農家さん、障がいを持った方々での、ゆず菓子の原料づくりの始まりです。2014年には、NPO多摩草むらの会の障がいを持った方々が農家さんに、お菓子の原料となる「ゆず甘露煮」の製造指導をいたしました。

また、「東京多摩国際プロジェクト」の一員として、イタリアサンマリノにて、各国大使へプレゼンテーション、お菓子の贈呈を行いました。その模様は世界150カ国以上の大使館へ配信されました。国際的なイベントへの出店、日本全国、そして世界へ向けての情報発信も行っています。

この活動を通じて、「自然を 感じる心」。すべての人の、すぐ傍にある、自然の力。 ちょっと遠くなった今、「自然を感じる心」を育て、もっと身近に感じる体験を提供致します。私たちは、自然と共に生きる仲間を増やしていきます。

ページトップへ