• トップページ
  • オンラインショップ
  • PR動画
  • プロジェクトについて
  • スタッフ紹介
  • 協力企業
  • お問い合わせ
【お問い合せ】
東京多摩国際プロジェクト
E-mail:info@tokyo-tama.jp
Tel. 042-558-8505
Fax.03-6205-8928

東京事業所
東京都千代田区有楽町1-6-8
松井ビル1階 ビビ21ドットコム

多摩営業所
東京都あきる野市小川633

多摩事業部
東京都青梅市御岳中央321
森の演出家
東京都資源利用イノベーション事業
いいね!JAPAN
Facebookページ
銀座かずや 東京・多摩国際プロジェクト フライヤーダウンロード
東京・多摩国際プロジェクト 公式通信販売サイト
東京多摩国際プロジェクト ビデオクリップ 2015
東京多摩国際プロジェクト ビデオクリップ 2013
2014 ver. 東京多摩国際プロジェクト イメージソング Step by Step song by MIOSIC

英語落語 英楽

トップページ » 英語落語 英楽

庶民のどうしようもない姿に光りをあてる

■ 「英楽」 本名:須藤 達也 (神田外語大学/神田外語学院講師)

  • 1981年 上智大学外国語学部英語科卒業
  • 1984年 テンプル大学大学院修了(英語教育学修士)
  • 1984年 落語家「立川談志」 立川流の門戸をたたく
  • 1991年 キャナリー落語教室を主宰
  • 2007年 英語落語教室を始める

英語落語は英語の学習にも最適ですし、ユーモアも身につきます。国際派のビジネスマンにも、大きな助けになるでしょう。英語力とユーモアがあり、自国の文化を知っていれば、立派な国際人です。

英語落語の魅力は、なんといっても、日本特有のユーモアである「落語」を外国人のお客さんにも楽しんでもらえること。「落語の面白さは、言葉の表現だけではないんだよ。噺家自身のの表現力や面白さ、人間力がぜんぶでる。落語ってのは人生そのものなんだよ。」と、落語への情熱を語る英楽氏の目は穏やかで深い
世界には多くの国があり、多様な文化が存在している。異文化を理解し比較すること、文化の違い気づくことにより、国を越えた、民族を越えた、新しい観点に立った表現が生み出される

大学卒業後、国連英語検定特A級の資格を取得し、国際協力機構で翻訳、通訳の仕事を3年程続ける中で、次第に人の話を訳するだけでは物足りなく感じる英楽氏。自分の一生をかける仕事ではないのではないかと悩んでいた。そんな頃に、*立川談志に出会った。「落語は、どうしようもない庶民の生きざまを扱う」という談志の教えに惚れ込み、立川流の門をたたいた。「これぞ運命の出会いだ!」と思った。談志の教えは時に厳しく、リアルな表現を徹底的に追及したという。*立川談志から学んだことは今でも英楽氏の根底に根づいている。

*立川談志 日本を代表する個性的で影響力のある落語家。2011年没。

寄席とは、おめかしをして出かけるハイソサエティーな場所ではなく、庶民が安心して娯楽を求めることのできる場所といえる。噺のテーマも実に庶民的で、登場人物は、お屋敷の丁稚や長屋の酔っ払いなど身近な人が多い。ところが、庶民のどうしようもない姿や、日常のささやかな出来事が、噺家が語ると実に魅力的に聞こえてくる。 「落語の主人公っていうのは、どうしようもない人達なんだよね。そんな庶民の姿に光をあてるのが落語。庶民の【業のようなもの】を表現するのが落語なんだ」と、英楽氏は話してくれた。

2007年、ずっとあたためていた計画を実行する時がきた。英語落語の教室を開設したのである。 「ずっとやりたいと思っていた。実現するまでに17年もかかった。英語はプロだから、いつでも教えることができる。でも英語落語っていうと、落語の指導もあるよね。落語のほうを教えられる自信がなくて、自分の踏ん切りがつくまで、これだけの時間がかかったんだ。」 「英語落語教室の生徒さんにも、英語はそれほど上手なわけではないが、お客さんを笑わせるツボを心得ている人がいる。「落語」も「人生」も、その人が持っているパーソナリティーが最後にはものをいうんだよ。」
まさに、ライスワーク(生きる手段)の英語と、ライフワークの落語が合致した瞬間だった。

落語を通じて、自分自身、そして他人の「どうしようもない人間らしさ」を受け止め認め、愛せるのではないかと感じる。英楽氏の人間賛歌は、これからも続く。

ページトップへ